2012.12.10 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.11.02 Friday

    無理なダイエットはしない

    0
       ダイエットの成功は継続することが秘訣です。

      大幅な食事制限をして一気に体重を減らすことができたとかいうような情報は参考には値しません。

      本気で痩せるためには、短期間での大幅な体重減少はおすすめできません。

      健康を損ねる危険性が大きくあります。

      負担がかかったダイエットではリバウンドする可能性もたかく、へたしたら元以上の体重に増える可能性があります。

      短期間に大きく体重を減らすと身体が飢餓状態と反応し消費するエネルギーを減らします。

      結果、摂取エネルギーより消費エネルギーが少なくなり、より脂肪が増える原因になります。

      食事制限を続けているさなかに、ちょっとした小休止と好きなものを食べる方もいます。

      人の体は、栄養の欠乏状態にある時にカロリーのあるものを取り入れると、余さず取り込もうとすることがあります。

      1日、3食きちんと食事をとり、摂取したカロリーを消費するために運動をすることがダイエットの成功の方法です。

      お風呂に入るなどして基礎代謝を高めることで、カロリーを消費しやすい体質になり、ダイエット向きの体が作れます。

      入浴ではゆるめの湯に長時間肺って汗をかき、全身の循環を良くして代謝を促すことでデトックス効果があり、冷え性や血流の停滞を良くする効果があるといいます。

      毎日の生活習慣を規則正しくし、習慣化させることが本気でダイエットを成功させる事に繋がります。

      なごみ(753)ダイエットの特徴

      2012.09.08 Saturday

      ポッコリお腹の原因

      0
         お腹にはどうして脂肪が蓄積されるのでしょうか。

        おなかには胸のような骨の防御機能はありませんが、体に大事な子宮や胃などがあります。

        大事な内臓を守る為にお腹は骨ではなく、脂肪で保護をしているのです。

        何らかの理由でお腹の筋肉のたるみが出ると、そこに脂肪が蓄積されやすくなり、ぽこりと脂肪で膨らんだお腹ができます。

        お腹の筋肉はふと気づくとたるみが目立つことがあります。

        意識せず使わない限りお腹の筋肉はほぼ使わないためです。

        脂肪が、わずかでもつくと、そこにどんどん脂肪が溜まっていきます。

        要注意なのは、皮下脂肪や内臓脂肪がある人で、胃下垂も脂肪がつきやすいです。

        年齢を重ねると、若いころのように代謝が行われず、基礎代謝が低下します。

        代謝が落ちると摂取したカロリーは脂肪として蓄積されやすくなり、腹部の出っ張りの原因となります。

        皮下脂肪は内臓脂肪ほど運動や食事で燃焼されないため、ダイエットは難しくなってしまいます。

        女性は皮下脂肪が溜まりやすく、男性は内臓脂肪が溜まりやすいです。

        同一体脂肪率なら男性の方がより内臓脂肪が多いということが平均的です。

        内臓まわりに脂肪がつきやすく、腹筋も女性より多いため、男性のお腹はでっぱりやすいといいます。

        そういえば、もうすぐ敬老の日です。ダイエットも大事ですが、おじいちゃん、おばあちゃんに、今までお世話になった感者の印を表わしましょう。

        なごみ(753)ダイエットの特徴
        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM